人気ブログランキング |

JOKO生へのメッセージ その二

 

 

旅公演は短いと1日で小屋(劇場)が変わります。



朝から仕込み、本番、終わったらバラして次の場所へ移動……そしてまた仕込んで……と、忙しい日々が続きます。

 

今回の旅公演は、全国にある演劇鑑賞会の運営サークルの主催で、お客様はその演劇鑑賞会のメンバーです。ですから各地の小屋を回ります。


こうして旅の舞台に立ってみると、劇団が劇場を借りて一般のお客さんに向けて発信するものとの違いを実感します。


小屋のスケールが大きかったり、毎回アクティングエリアや袖幕の配置が微妙に異なったりと物理的な違いもありますが、演劇鑑賞会の方々の思いが旅公演には息づいています。

運営サークルの皆さんは設営はもちろんのこと、手作りのポスターやお手紙を用意してくださったり、仕込みやバラシにも積極的に参加してくださったりと温かく、活動的です。



b0134715_23325890.jpg

楽屋の裏通り、お茶場の準備も大切です。



b0134715_23331592.jpg

もちろん小道具の準備も。



b0134715_23350863.jpg

真剣な顔で、何してるんだろう……


# by joko_acting | 2019-08-29 14:20

JOKO生へのメッセージ その一



 

皆さん、おはようございます。JOKO7期生・劇団昴の望月真理子です。

私は今、菊池准さんの演出する「アルジャーノンに花束を」の旅公演に出演しています。

 

今回の旅公演は、私にとっても初めての旅公演で、いわゆる「初旅」です。

JOKOの卒業生も、出演者だけではなく裏方としても参加しています。

私も、フェイの役だけでなく、衣装係として仕込み・バラシと活躍しています。

そんな旅公演の様子を、何回かに分けてお伝えしたいと思います。



b0134715_12280511.jpg

舞台袖からの景色。照明合わせでしょうか?


b0134715_12503350.jpg

舞台袖から、小道具のベッドと共に舞台を見つめる。


b0134715_12505912.jpg

影アナ(アナウンス)ブースで打ち合わせ。



# by joko_acting | 2019-08-29 12:18

幻灯上映会2019



こんにちは、2年3番です。
夏も終わりに近づき、夜は鈴虫の鳴き声が聴こえるようになりました。
JOKO生は現在夏休み期間で、この休み中にどこかに出かけたり、課題に取り組んだりと各々の形で休みを満喫している事と思います。

そんな夏休み期間ですが、実は先日8/17(土)にみらい館大明にて幻灯上映会というイベントがあり、JOKO生も参加させていただきました!!!

b0134715_12154046.jpg


写真はリハーサルの時の様子です。

幻灯上映会は、このように絵や写真をスクリーンに大きく映し出し、その場でナレーションや台詞を読み上げます。
みらい館大明では6年ほど前からこの幻灯上映会をやっているとの事です!
今年は4つの作品を上映し、その内の1作品のナレーション・台詞を我々JOKO生が担当させていただきました。

私は今回の幻灯上映会を通して、「演出の指示をいかに自分のものにするか」という事、そしてその難しさを感じました。
演出の指示があると「言われた通りにせねば…!」という意識が働いてしまうのですが、そこをどうやって自分のものにしていくかが重要で、
そしてその方法はいつも授業でやっていることの延長線だということに改めて感じました。

夏休みも2週間を切りましたが、今回の経験を後期の授業にも生かしたいと思います。
よーし頑張るぞぉー!

# by joko_acting | 2019-08-22 12:13

後期の課題!



みなさんこんにちは!
2年2番です。
先日自主企画の発表が終わり、そして本日は前期中間発表がありました。

b0134715_14480903.jpg


演目はイプセンの『ロスメルスホルムの白い馬』
配役は恒例のくじ引き。


くじで引き当てた自分の役を、1年生の時に習ったことを応用し、どれだけ掘り下げていけるか。

身分の差、年齢、役同士の関係性

役作りの甘いところを講師の方に指摘されて始めて自覚した部分がまだまだあり、これは自分の後期の課題にしていこうと思っています。

明後日から夏休みに入りますが、夏休み明けに積み重ねたものが無駄にならないよう頑張っていきたいと思います。



# by joko_acting | 2019-07-12 22:29

自主企画発表



こんにちは。お久しぶりです。2年1番です。今回2年生は卒業生との自主企画発表がありました。
2年生は5月から授業内で自主企画を進めてきました。個人でやりたいシーンを持ち込み、相手役を卒業生にオファーをして自主的にシーンワークに取り組むというものです。

私が選んだのはカミュの「カリギュラ」、非常に難解な戯曲です。

カリギュラという人物が周囲にどんな影響を与えていくかを立ち上げるのは物凄く難しかったです。
いまの私には正直な所無謀な挑戦でした。
しかし卒業生の先輩たちとの稽古を重ねる中で具体的なプランが立ち上がってきました。
今回の自主企画発表では先輩たちの演技術やシーンへの取り組み方が刺激的でとても大きな力になりました。
12期生全員が今までの同期同士だけでは得難い体験をしました。

b0134715_06071300.jpg


写真は自主企画発表の打ち上げです。授業内ということで多くの卒業生に観ていただきました。
打ち上げでは発表の感想をたくさん聞くこともできました。卒業生たちとの繋がりもjokoの魅力です!

明日はいよいよ中間発表の本番です。自主企画での経験をはじめ今まで学んだことを発揮できるようにしたいです。

# by joko_acting | 2019-07-11 19:06