人気ブログランキング |

昭和20年【2 年8番♀】

昭和20年【2 年8番♀】_b0134715_12412127.jpg

今授業で戦時中の芝居をやっている
そして舞台は鹿児島
日を増すごと、日常会話に鹿児島弁がまじる

その芝居に染まっていくんが、また楽しかけんねぇ…止められんとです



6/30【2年8番♀】
# by joko_acting | 2008-07-01 12:41 | 二年生

もしも願いが叶うなら、毎日牛肉(国産限定)を貪り食らう。本気と書いてマジで。【1年5番♂】

今週で基本的な授業が終了し、来週からRussiaから先生が来てくださり二週間の特別授業が行われる(ゴゴゴゴゴゴゴ)

なので!!今まで習ったことを復習するのさ!!(ズッギャァン!!)


習ったことでまだ足りないモノがあったなら今のうちに練習ゥゥゥゥッ!!
忘れてしまっていたことがあったなら、今すぐ記憶!記憶!記憶ゥゥゥゥッ!!


今まで習ったことをRussiaの先生方の授業で生かし!!その授業で新しいことを発見し学習するッ!!
素晴らしい!!素晴らしいじゃないかヒャッホォォォォォォ!!!


流石JOKO、ほかの学校でできないことを平然とやってのける!!
そこにシビれる憧れる!!



Russiaの人と対面するのは初めてなのでドキドキです。
熊みたいな人らしいので食われないように気をつけなければ…!!
待てよ、リラックマの可能性もある!!
食われる心配はないけど骨抜きにされる可能性もある


…Russia、いろんな意味で油断ならねぇ…ッ!!




たとえどんな熊だとしても、れっつえんじょい異文化コミュニケーション



6/30【1年5番♂】
# by joko_acting | 2008-06-30 21:47 | 一年生

薔薇イン東京【1 年1番♂】

今日授業でやった星の王子様のセリフにこんなのがあります、
「あんたたち、ぼくのバラの花とは、まるっきりちがうよ。」「あの一輪の花が、ぼくには、あんたたちよりも、大切なんだ。」
これは王子様が自分が育てた花と庭に咲いてる沢山の花は違う。ぼくの花はこの世の中に一つしかない花だ。とキツネに教えてもらって再び庭に咲いてる花を見に行った時のセリフです。

放課後、僕は帰り道でたまたまバラの花を見ました。確かにそのバラの花は綺麗でした。でもこれは王子様の言う世の中に一つしかない花とは違うんだなぁとしみじみ思いました。

日常と演技の世界は切っても切れない関係です。でも普段は意識しないでつないでいるこの関係をちょっと意識してみる。そうするだけで得るものが多かった気がします。


6/27【1年1番♂】
# by joko_acting | 2008-06-30 02:16 | 一年生

ING【1年6 番♀】

理解しているつもりだったけれど実は右と左も分かっていなかった入学当初と比べ、今、ようやく左右上下はそれぞれ違うものなのだということを理解してきました。
どう違うのかということまでは明確には分かっていませんが、同期の中には既に理解している人もいるような気がします。そんな彼らに遅れを取らないよう、とにかく必死でしがみついている毎日です。

JOKOの講師の方々や仲間たちは、そんな必死――“がっつき”をどこまでも助けてくれます。
疑問が生まれれば、ヒントや意見をもらったり、一緒に考えたりして納得するまで追求できるのです。更に、例えその場で納得しても“問い続ける”ことは止めません。
そんな環境ですから、これまで思いもしなかった疑問が突然湧いてくることが多くなりました。

ちなみに、ここ数日の個人的疑問のテーマは『星の王子さまは、なぜ王子なのか?』
問い続けてみたいと思います。



6/26【1年6番♀】
# by joko_acting | 2008-06-26 20:44 | 一年生

授業【1年3 番♂】

授業では、外の世界では起きない様な現象が沢山起こる。人間の内面を描く、演劇を取り扱っているのだから当然なのだろう。
今日の授業中、K子が涙を見せた。課題を自分が上手く出来ず、悔しかったからだろうか。その理由は、僕には分からない。
しかしながら、出来ないことに、泣けるほど挑めるなんて、素敵な事ではないかと思う。そして授業中は、喜怒哀楽、様々な感情を出して構わないのだ。思う存分、自分の内面を探れる。とても有難い環境だと思う。
これからも同期生の喜怒哀楽の感情を何度も目にするだろう。少し怖くもあり、楽しみでもある。


【1年3番♂】
# by joko_acting | 2008-06-26 08:55 | 一年生