<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「イギリスでの200日の演劇研修を終えて」

「イギリス200日間研修レポート」
 
イギリスでの200日の演劇研修を終えて、先日帰国しました。
 
イギリスと日本の文化の違いを色々な点から発見することが出来、と同時に日本の文化というものを再認識することが出来ました!
 
演劇の歴史としては、イギリスはエリザベス朝演劇*から約460年、日本は築地小劇場*から約100年、この違いは明らかで、だからこそ日本の演劇人は未来に向けて演劇を繋げていく、広げていく必要があるのだと確信しました。(エリザベス朝演劇とは、1558年にエリザベス女王が在位してから1642年に清教徒革命によって劇場が閉鎖されるまでの期間に行われた演劇を示し、シェイクスピアはこの時代に活躍した作家のうちの一人である。築地小劇場は、1924年に土方与志や小山内薫らによって、欧米の戯曲を上演するための劇団が結成され、この上演のために建てられた日本で初めての専用劇場である。)
 
そんなことを気づかせてくれた環境についてここで少しだけ紹介したいと思います。
 
・私の研修先であるブリストルには、劇場博物館というものがあり、古くは13世紀からの演劇に関わる台本や小道具、衣装などが保管されています。
b0134715_16461521.jpg
これは、18世紀に「アントニーとクレオパトラ」が上演されたときに使用されたクレオパトラのマスク。
 
 
・イギリスの各都市では、作家や作曲家など、街に貢献した芸術家の生家や育った家が保存されていて博物館となっています。
 
ロンドンにはチャールズ・ディケンズが住んだ家があり、名作を書いた書斎、客間、寝室、子供部屋、台所、洗濯場、使用人の部屋など、当時の生活が想像できる造りになっています。 
b0134715_16465147.jpg
これは台所で、使用人が食事をするテーブルも置かれています。
 
 
・イギリスの最南端にミナックシアターという世界随一の劇場があります。約100年前に断崖絶壁に造られた劇場です。
 
これほど、自然が味方にも敵にもなる劇場はないでしょう。しかし、こんなに創造への意欲を掻き立てられる場所はないですね。
 
b0134715_16472124.jpg

 
 
・イギリスは至る所にアートが溢れています。夏には町の壁に絵を描くフェスティバルが開かれました。
 
これは人気のある劇場の壁です。誰だと思いますか?
b0134715_16474915.jpg

 
 
ちなみに、日本の文化もイギリス人にとっては興味深く、BBCでは週に一回日本の四季を取り上げる番組があったり、ブリストルの映画館では月に一回は邦画が上映されていました。主にアニメです。ジブリ人気は世界共通ですね。
 
日本食も人気で、日本名がついたレストランが数多く見られましたが、ほとんどが中国経営、味付けは不思議なものもありました。ラーメンに揚げ出し豆腐や焼いたキノコが乗っているのを想像してみてください…。
 
もし、知り合いのイギリス人が日本食の話をしていたら、正しい日本食を教えてあげてください。
 
これから、研修でインプットしてきたものを、どんどんアウトプットしていきたいと思っています!
 
 河田園子 
 

by joko_acting | 2017-10-30 16:44

初体験


こんにちは!1年生6番です!

この間から寒い日々が続いていますね。みなさんはここ最近の急な寒さで体調を崩してはいませんか?私は若干風邪ひいてしまいました…。

というのは先週の日曜日、私は田舎にある親戚のお宅でピザ窯を作る体験をしてきました。風邪をひいてしまったのはその日の翌日だったのですが、当日は雨が降っていて気温が下がっていました。
そこでは窯を作るのに粘土質の土を水に溶かしてこねたり、それをわらや小石と混ぜて貼り付けたり初めての体験を沢山しました。私の注意が至らず若干体調を崩してしまいましたが、新しい体験ができてとてもよかったなと思います!そして今は、1日でも早く体調を治したいです!

by joko_acting | 2017-10-18 14:42

盗むには

こんにちは!
1年5番です!!

秋なんてどこへやら、寒くて仕方がありません。
もしや…誰かに秋は盗まれてしまったのでしょうか…

「技を盗む」という言い回しがあります。
これについて考えてみたのですが、実際に「技を盗む」のはとても大変なことだと思いました。

自分の仕事をしながら先輩の仕事を盗み見て、その短時間で要点を頭のなかでまとめて覚えておく…、手順や要点を覚えたなら実際に使ってみる。

これが、「技を盗む」ということですよね。

目の前の自分の仕事だけにのめり込んで周りが見えていない状態では「技を盗め」ない。
視野を広くして、自分の周囲の動きを把握して、どう動いているのかを理解して、それでいて自分の仕事もして。
なんて高度な技術なんでしょう!!

「技を盗む」という技術を盗みたいくらいです!!

ですが、それを成せるだけの集中や余裕がなければ上へはあがって行けないということなのですね。
気張りましょう。

盗みたいほど高度な技術を誇る、
わがJOKO演劇学校の体験ワークショップを受けられるのは

12月16日(土)、12月17日(日)

となっております。
そうそう簡単には盗めそうにありませんね。
いやいや「挑戦してみる」って?

どうぞ、お試しあれ!!


それでは、また!!


by joko_acting | 2017-10-18 11:46

朝のパワー

こんにちは!1年4番です。


実は最近まで体調を崩していたのですが、あることをして回復致しました!

それは早起きです。

たかが早起き?と思う方といるかもしれませんが、
されど早起きです…!

早く起きることによって時間に余裕が出来、心の余裕もできたのです…!

すると自然とこの体調の悪さは気の持ちようなんじゃないか?思っているよりも私は体が元気かもしれない…と思えるようになり、体調が戻りました!

生活リズムも整えられて一石二鳥です(*´ω`*)

体調の悪い時こそ規則正しい生活を。
慣れた時こそ初心を忘れるべからず。

まさにその通りだと体感しました。

by joko_acting | 2017-10-15 09:36

怒りの行き先

「怒りの行き先」

こんにちは!
1年3番です!

現在、1年生はムーヴメントの授業で感情を外に出すエクササイズをしています。

恐れ
嫌悪
悲しみ
怒り
幸せ

この5つの感情を、音とリズムに合わせて出していきます。

日常で、より円滑に物事を進めるため、抑えてきた激しい感情。

本当の感情を覆う蓋のように、身に付けてしまったものを壊し、崩す。感情を剥き出しにすることに、未だ抵抗している自分がいます。

変わりたい、変わらなきゃと分かっていても、受け入れることができていません。受け入れる感覚を掴んだ気がしても、それは一過性のもので長くは持たず、また初めから探し始めます。

自分はできる、そう信じよう
やるからには1番になろう

長年連れ添ったこの言葉が、成長の妨げになっていると気づきました。

先日、講師の方の言葉に胸をどつかれ、悔しくて怒りがふつふつと溢れてきて、感情の蓋が、ガダガダと音を立てました。
壊れる。
蓋と共に自分が壊れる。
壊すことが目標なのに、踏みとどまろうとして、崖の岩にしがみついている現状です。

この、居心地が悪く溢れてくる怒りの感情をどう扱えば良いのか…長い長い課題になりそうです。
でもはやく脱さなければ…なのです。

by joko_acting | 2017-10-14 09:11

脱ゆとり!

こんにちは、1年1番です!
先日、書店で「学校では教えてくれない大切なこと」という書籍を見つけました。
小学生を対象に、社会に出たときに必要だけれど学校では教えてくれないことを、わかりやすく説明してくれている本です。
「考える力の育てかた」「からだと心」「物の流れ」など全18シリーズで、自分にも読む必要があるのではないかと思うほど、自立するためのヒントが沢山詰まった内容でした。

私達の学年は全員ゆとり教育で育った世代ですが、学習内容が減った分こういうことを習ったかというとそういう訳でもありません。
寧ろ、ゆとり教育の失敗を痛感した人がこの本を作ったのだと思います。

そんなゆとり世代末期の私達は、今JOKOで鍛え直しています。
もう今やるしかない!と思う今日この頃です。

by joko_acting | 2017-10-10 11:27

読書の秋



こんにちは、2年6番です。
最近道を歩いていると、金木犀の甘く優しい香りがして秋だなぁ…と感じます。

そんな季節の変わり目。
なんと私、風邪を引いてしまいました😅
2日ほど寝込んでいたのですが、孤独感を否めない。しかし静かな部屋で寝るしかない現実が押し寄せる。
そんな現実を逃避するため、読書に勤しむことに決めました。
作品は有川浩の『キャロリング』です。
有川さんの作品は人との繋がりで心が温まるエピソードが魅力です。
キャロリングは家族がテーマになっており、お母さんの温かさに心打ちました。

人との出会いで人は変わることができる。
私の辞書にはない文法との出会いがありました。

皆さんも寒くなってきたので、体調にはお気をつけて、読書の秋に勤しむのはいかがでしょうか?

by joko_acting | 2017-10-10 11:26

『スポーツの秋、目指せ25歳のパーフェクトボディ』

拝啓、読者の皆様。
ご無沙汰しております。2年5番♂です。
10月に入り、年月の流れの早さに驚きつつある今日この頃、今年も残すところ後2ヶ月となりました。皆様いかがお過ごしですか?
元旦にたてた目標は達成できているでしょうか?
秋思(秋に感じるもの悲しい気持ち。秋のもの寂しい思い。)という言葉があるように僕の身の上にも悲しみが…。
前厄なんですよね、僕。
ちなみに今回のブログのタイトルは『スポーツの秋、目指せ25歳のパーフェクトボディ』であってますよ。

冗談はさて置き、僕は今23歳ですが、彼此3年前僕が20歳の頃。
テレビ番組か何かで男性は25歳の体つきを保つのが良いと聞き、よし、24歳まではラフに行こうと決めました。そして年々増える体重。60キロを超え人生最大に、
このままではまずいと一念発起し、始めました。
ボクシング!
これも20歳の頃からずっとやってみたかったスポーツなんです。
はじめて2週間あまりが経ちました。
現在体重は57キロ。
落ちました!
今後も無理せず続けよう。

スポーツの秋
芸術の秋
食欲の秋
etc.

今年もあと少し!
皆様も思い残しのないように!
さようなら


by joko_acting | 2017-10-10 11:25

歴史



こんにちは2年4番です。
中間発表の演目が「ロミオとジュリエット」に決まり、私たちは今読みあわせをしております。

「ロミオとジュリエット」は14世紀のイタリアを舞台にした作品で、初演は1595年前後とされています。

今から400年以上前に初演されている作品なのです。

日本では戦国時代の終わりに近い時期ですね。

しかし「ロミオとジュリエット」の悲劇の恋は時代を経た今も変わらずに見る人を惹き付けます。

そんな、「ロミオとジュリエット」の悲劇を観ていただく皆様にお届けするために深く掘り下げて行きたいです。

by joko_acting | 2017-10-05 14:24