人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】JOKO演劇学校入学体験ワークショップ

今、オーソドックス(正統)が新しい!!
あなたも是非、JOKO演劇学校へ!


JOKO演劇学校は、
演技・ヴォイス・ムーヴメントの演技基本を三本柱に
各講師が情報を共有し、
少数の生徒に
個人指導を行います。
「声が小さい」
「ニュアンスが伝わらない」
「癖がとれない」
「動きがぎこちない」
「役作りがわからない」
などの課題を克服できるよう指導します。

卒業生は、殆どが劇団昴初め希望の進路に進み、次々と主役に抜擢されています。

「オーソドックス(正統)な演技教育」は、今最も新しく確実なプロへの第一歩です!



2018年度第12期生募集は9月1日に開始いたします。

このチャンスにJOKO演劇学校の優れた演劇教育を実際に体験していただきたく、第1回体験ワークショップを下記の要領で開催いたします。

第1回 体験ワークショップ

日時:2017年9月3日(日)
会場:みらい館大明 (豊島区池袋3ー30ー8)内 JOKO演劇学校

スケジュール:

9:30    集合 学校説明
10:30 歌唱クラス
12:00 昼食
12:45 ダンスクラス
14;30 演技クラス
16:15 ヴォイスクラス
17:45 クラス終了→希望者は個別進路相談

受講料:5,000円


その他、JOKO演劇学校入学への道として、次の2つの企画を提供 いたします。

❶ 授業見学 1年生演技(206教室)
日時:7, 9月〜11月までの金曜日 16:15 – 18:45

❷ パートナーシップ
JOKO演劇学校教務主任が、進路の適性や個人の適性など、 今後のJOKO演劇学校進学について、一緒に話し合う機会を設けて一緒に考えます。
日時:毎週  金曜日 19:00-20:00 土曜日 16:00-17:00


申込方法 (「体験ワークショップ」、「授業見学」、「パートナーシップ」)
・ タイトル:希望アイテムに従い「体験ワークショップ参加希望」または「授業見学希望」または「パートナーシップ希望」と明記

・ 本文: ⓵氏名・⓶年齢・⓷所属先・⓸連絡先(携帯電話番号+メールアドレス)を明記。
☆「 授業見学」「パートナーシップ」希望者は⓹希望日も明記してください。

・ メール送り先: joko@joko-acting.com


申込締切
♢「体験ワークショップ」参加希望者:2017年8月27日(日)
♢「授業見学」または「パートナーシップ」希望者:希望日の前日

応募をお待ちしています!


by joko_acting | 2017-07-04 08:01

避難訓練


こんにちは、1年1番です。
先日、みらい館大明では避難訓練が行われました。
今回は火災が起こったという設定で訓練を行い、私達JOKO生も参加しました。
大明の方から、「煙は『有毒ガス』が危ないとよく言われるけれど実は『熱』がまた危険で、煙を少し吸っただけで喉を火傷し呼吸出来なくなる。それが致命傷になることもあるんです。」というお話を聞いて、改めて恐ろしいなと思いました。

また、消火体験をさせてもらったのですが、
b0134715_17132061.jpg

現実の火災の現場では、慌てていて消火器のホースで出火元に狙いを定める前にレバーを握ってしまい、消火器の中身がなくなってしまう ということが起こってしまうようです。
というのも1本の消火器の容量は20秒足らずでなくなってしまうからです。
本当の火災のときにどれだけ落ち着いて素早く行動出来るかだと思います。
日頃から心構えをしておくことが大事ですね!

by joko_acting | 2017-07-01 17:12

「クイズ!これな〜んだ?」

2年7番です。
今日は!自称10期の小道具職人の私が!中間発表の小道具作りの様子をチラ見せしちゃいます〜(ノ´∀`)
物語中盤とラストシーンに出てくるとっても大事な小道具なのです。
私が作っているものはなんでしょう?行程を文と写真で紹介します!

まず胴体を作ります。
①油粘土で型を作る
②作った型に食器用洗剤を塗り、濡らした新聞紙で覆う
③細かく切った習字の半紙をでんぷん糊で貼り付けていく。7層くらいひたすら貼る
④3日ほど乾燥させ、完全に乾いたらカッターでぐるっと半分に切り、中の粘土を取り出す(①で洗剤を塗ったのは、紙が粘土から剥がれやすいようにするためです。)
b0134715_17110176.jpg



このあと、首が通るところに穴をあけ、④で切ったところをマスキングテープで貼り直し、さらにその上からまた半紙を貼って元通りにしていきます。
これで胴体が完成。

頭部は紙粘土で作りました。
b0134715_17110295.jpg



もう何となくお分かりでしょうか?これから色を塗りますが、お見せできるのはここまでです。
ちなみに「赤べこ」ではありません。
今回はコミカルな体型に作りましたが、実物はもっとスリムで格好いいものもありますよ!

こんな物を作るスキルを身に着けても劇団に入って使わないだろうな…と思いつつも真剣に作ります。手作りすると愛着が湧き、扱いも自然と丁寧になるものです。
「10期は道具ばっかり拘るなぁ〜芝居は大丈夫か?」と劇団の先輩方に心配されているみたいですが…!😧
取り越し苦労だったと思わせられるよう、もちろん芝居も頑張ります…!
by joko_acting | 2017-07-01 17:09