<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

牛山さんが来てくれました【2年3番♂】

先週の金曜日に劇団 昴の牛山茂さんが僕達の授業に来てくださいました!


しかも今、取り扱っている作品で相手役をやっていただきました!

何十年も経験を積んできたプロの方の芝居を間近で感じることができる
貴重な時間です!

僕は残念ながら一緒にやることはできなかったのですが
今、自分が取り組んでいる役を牛山さんが演じてくれて食いる様に見てました。

やっぱり経験のあるプロの方は声の響きや立ち方など色々な面で優れていて
とても勉強になりました。


今回、印象に残った言葉として「とにかく会話を」というのがあります。
相手に何を伝えたいかをずっと意識していると。

これは僕も今やりたいと思っていることで、自分が頭で考えた事をやるよりも
相手に集中してその瞬間に感じたことを大切にしようと思っています。

そしてそれを行動、言葉で相手に返す。

実際にそれをやろうと思ってもなかなかうまくいきませんがそういった瞬間を
少しでも多く生まれさせたいものです。


今回は僕達のために来てくださりありがとうございました!
またこのような場を設けてくださいました講師の方にも感謝です!


明日からの稽古もそれを目指していきます!



10月28日【2年3番♂】
by joko_acting | 2012-10-28 23:54 | 二年生

9月から10月まで~!!【2年10番♀】

皆様こんばんは。お久しぶりです。
ブログが大分途絶えたわけはですねー、盛りだくさんで忙しかったからなんですね!!

とても長くなるのをご承知ください!!濃い一ヶ月でした!!


Jokoの学生にとって、特に九月から昨日まで忙しい一ヶ月でした!!

まず九月、一、二年合同で受けていた日本演劇史、加えて二年生は
西洋演劇史のテストがありました。

日本演劇史は、まだ明治から近代までだったのでなんとかなったのですが、
西洋演劇史は古くは古代ギリシャ劇から、アメリカ演劇まで!!範囲が広い広い。

でもこの二つの授業は、わりと研究好きな私としては貴重な授業でした。

人間が古代から色々なことを考え、色々な芝居の形態を通して今に至る。
そして温故知新の言葉のごとく、古きもののなかからまた新しいものを発見していく
歴史の過程はとても興味深くちょっぴり終わるのが寂しい座学でした。

それが終わると瞬きする間もなくみらい館大明で行われた、
たいめい祭りへの参加。

一年生は観察と再現の東京スケッチ、二年生は自主公演に挑みました。
写真二枚は二年生の公演より抜粋です。


b0134715_21413858.jpg



b0134715_21414949.jpg


たいめい祭りが終わると10月に入り、ロシアのWSが始まりました。

国際交流の手続きの大変さを間近で見、改めて貴重な授業を受けていると、
深く感謝し、ロシアの授業にぶつかりました。

今思うと無難に過ぎてしまったと後悔先に立たずです。
でも確実に掴んだものはあります。これから先は掴んだものをただ繋げていくだけ!

ロシアが終わると二年生は後期中間発表の準備が始まりました。
演目はマクベスです!!私はマクベスには強い思い入れがあるので、
出演できることをとても幸せに思いました!!11月の発表に向けて頑張ります!!

そして先週の金曜日から日曜日まで、Joko恒例の合宿でした。

仕事あり、余興ありコンテストあり、ネイチャーゲームありで
とても盛り沢山な楽しい合宿となりました。

特にネイチャーゲームと星が綺麗で、道路に寝そべりながら
流れ星を3つ見たことは良い思いでです。三枚目は合宿の写真です。


b0134715_21432756.jpg



そしてわりかし落ち着いた今週の土日ヽ(・∀・)ノ暫しの休息をとりつつ、
また明日から走り出します!

長い長い日記をここまでお付き合い頂きありがとうございました!



10月21日【2年10番♀】
by joko_acting | 2012-10-21 21:49 | 二年生

ロシアWS を経て【1年1番♂】

初書き込みになります。
一年一番のOと申します。

さてさて、さっそくの書き込みですが、
二週間に渡って行われたモスクワ芸術座WSについて書きたいと思います。

終えてみてまず感じたことは、
とても濃密で貴重な時間を過ごしたのだなということです。

半年前に受けたRADAのWSとはまた違ったアプローチの演技論は
大変興味深いものがありました。


特に個人的に印象に残ったのが、「注意」について。

様々なことに「注意」を向けるようにと、どの先生も口を揃えて仰ってました。

それは己の身体であったり、感覚であったり、周囲の人であったり、
その空気感であったり…。

この「注意」を意識すると、張り詰めた緊張とも違った、集中力を研ぎすませた
心地の良い緊張感がありました。

他にもまだまだあるのですが、たくさんの事を本当に短い期間に教えてくださりました。


ロシアからいらっしゃった講師の先生方、
また先生の言葉を私達にわかりやすく伝えてくださった通訳さん達、
そしてすばらしいWSを設けて頂いたJOKOの先生方、改めてありがとうございました。

教えてもらったことを糧にして、明日からも稽古に励んでいきます!

それでは。



10月7日【1年1番♂】
by joko_acting | 2012-10-07 22:52 | 一年生

常に全力で【2年3番♂】

モスクワ芸術座WSが終わりました。


この2週間、ロシアの講師の方々は僕達に難しい要求をしてきました。

細かい所にも修正を求め講師の方の芸術に対する情熱を感じ、
大変でしたがなんとか食らいつこうとしてとてもやり甲斐のあるものでした。

結局、最後までうまくできなできなかったこともありましたし悔しい思いもしました。
しかし高いハードルを越えようと努力した事実は無駄になることはありません。

この経験は次のステップへいくための土台になったと思います。


芸術に終わりはない、これから死ぬまで追求していかなければならいものです。
満足せず、今いる所に留まっておらず常に全力で取り組む・・・。

そんな熱い想いをロシアの講師の方達から感じました。


本当に刺激的なWSでしたね。



10月7日【2年3番♂】
by joko_acting | 2012-10-07 22:45 | 二年生