<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

乾燥【1年7番♀】

この間、足のかかとが乾燥にて…パカッとひび割れました(・・;)
冬に向かっているのを感じたのと、年を意識させられる出来事でした。




10/28【1年7番♀】
by joko_acting | 2008-10-28 22:56 | 一年生

fly me to the moon【1年5番♂】

最近は日の暮れる時間も早くなり、秋も過ぎて冬も間近になってきたなと感じています。

そんなわけで、帰る時に月をぼうっと眺めていたのですが、時々月に吸い込まれそうになる時があります。

…なんか痛い文章ですが、本当なんですよ。

昔から月は色々な媒体で神聖なものだったり、邪なものだったり、魔力があるとか言われたりしています。

だから、もしかしたらそういう力で引き付けられたのかな…と想像したりします。ファンタジーですね。
多分そんなことは有り得ないですよね。分かります。

でも、もし本当にそうだったら…なんか、こう、素敵じゃないですか?




10/27【1年5番♂】
by joko_acting | 2008-10-27 23:57 | 一年生

アイツはとんでもない物を残していきました。それは“笑い”です。【2年6番♂】

芝居においての自分の在り方。

最近良く考える事がある。
セリフを相手に届ける事が上手く出来ない。
一人で芝居をする。
ずっと同じダメ出しを受けていて、直らない自分がもどかしく悔しくて泣きたくて腹立たしい…。

勿論これを克服したい!!

自分が信念として持っている事…それは、“常に「エンターテイナー」であり続けること!”

芝居の技術が上手い下手ではなく、お客さんに芝居を通して“楽しい”“面白い”という胸がワクワクするような物を残したい!!

これが自分の中で一番強く思うことである。

人間怒ったり泣いたりと負の感情よりも、ポジティブな“笑い”の方が絶対に良いと思うし、自然と空気や雰囲気も良くなると思う。


芝居においても笑って泣いてまた笑う。それで帰った方が気分が良いに決まっている。

極端でもオーバーでも無く、“笑いは世界を救う”と思う。

戦争している人達もいがみ合っている政治家も満員電車で喧嘩をする人達もみんなに笑いがあれば、争いは起きない。
だから自分はお客さん全員とは言わないが、観に来てくれた方一人にでも心に“笑い”を残して帰って貰いたいと思いながら過ごしている。

自分が死んだ時“あの人は本当に愉快な人だった”と言われる俳優になりたい。

そのためには今言われている基本的なダメをこなさなくては!!


“笑い”の道の果てしない苦行!絶対に乗り越える。
そんな事を思い日々精進!!




10/27【2年6番♂】
by joko_acting | 2008-10-27 23:54 | 二年生

雨【2年12番♀】

雨が降る。

雨が降る。


私の心に染み入るように。

心を綺麗に洗い流すように。
心に大きな爪痕を残すように。



雨の音が好き。
人間には出せない癒しの音。

雨が降るのを見る事が好き。
木々や水溜まりに落ちて、葉っぱが動いたり波紋が広がると穏やかな気持ちになる。

雨上がりを歩くのが好き。
雨の滴が太陽に反射してキラキラしているのを見るとニッコリする。


しかし、それを感じるには自分自身に余裕がなくては。

肩の力を抜いて、スキップして変顔!


さぁ、続けよう!




10/24【2年12番♀】
by joko_acting | 2008-10-24 16:32 | 二年生

サーカス【2年5番♂】

今朝何気無く上を見たら電線の上に鴉が留まっていた。
風に吹かれて電線は揺れるのに鴉は危な気無く其処にいる。
これって人間に置き換えて考えると超人的な事だと思いません!?

人間には動物よりも優れた面が沢山あるが逆もまた然りと感じた秋晴れの下でのお話でした。




10/22【2年5番♂】
by joko_acting | 2008-10-22 00:16 | 二年生

大明祭り【2年11番♀】

今週の土日、私たち(JOKO演劇学校)が借りている施設でお祭りがありました。
普段施設を使っている各団体が展示や演技発表をするもので、私たちも参加しました。

私たち二年生は三班に別れて、そのうち私は土曜日に子供向け芝居をやりました。
私たちの班の芝居は、口が裂けても大成功なんて言えない出来だったけれど、大事なのは結果だけじゃないですよね。むしろ、失敗したからこそ得たものもあった。
だけど、今日、「昨日の芝居よかったよ」って、小さな子を連れたお母さんに言われた時は嬉しかったな。

何はともあれ、二日間とも無事に終わって良かった良かった。



10/19【2年11番♀】
by joko_acting | 2008-10-21 16:09 | 二年生

のどかな昼休み【1年7番♀】

今日のお昼休み、メンバーの一人が日の当たる水道の手摺りにいました。
「何してるの?」
と尋ねると、
「日向ぼっこ。」
「そっかぁ。」
一緒に日に当たりました。背中がぽかぽかしてきました。
「こうやっていて光合成が出来れば、食費がかからないのになぁ…。」
「そうだねぇ。」
「でも、そうなったら身体が緑色になってしまう。」
・・・・・。

不思議な空気になりましたが、とっても穏やかな気持ちになりました。




10/17【1年7番♀】
by joko_acting | 2008-10-18 01:47 | 一年生

私の気持ちのいい時【2年4番♂】

芝居をやっていると、固まってきて何をやっても崩せないという事が多くなる。

役を深めていっているはずなのに、ある日すっかり後退している事も。

まあ、こうやってあがくのもたまにはいい。




10/14【2年4番♂】
by joko_acting | 2008-10-15 21:39 | 二年生

大明まつり【2年10番♀】

b0134715_21354392.jpg

教室をお借りしている、みらい館大明という所で行われる『大明まつり』というイベントに、一年生も二年生も参加します。
まだまだ先のことだと思っていたら、いつのまにやら本番一週間前。
ということで、休日返上で大道具作りです。
想像していたものより、何やらすごいものが出来上がりつつあるようで。
私は稽古や幕縫いなどをしていたのですが、途中からなぐり(とんかち)を持たせてもらい、恐る恐る釘を打ちました。
去年の修了公演では「記念に」と失敗しても許される楽屋の棚の一ヶ所を打たせてもらっただけだった私が、(しかもその棚は設置場所が悪かったらしく、数時間で撤去と短命でした)どうにかこうにか頑張りました。
お芝居の途中でセットが倒れたりしないか、ドキドキしながら本番を過ごす事になりそうです。


写真は一生懸命幕を縫い合わせる二名と、縫いあわせるふりをする二名の図。
さて、誰が嘘つきでしょう。

舞台セットを見るため、嘘つきを発見するため、もちろんお芝居をご覧いただくため、ぜひぜひご来場ください。
お待ちしています。



10/12【2年10番♀】
by joko_acting | 2008-10-15 21:35 | 二年生

日本演劇史【2年3番♂】

今日から10回にわたり、演劇評論家の村井健氏をお呼びし、日本の演劇史を学ぶ事になりました。

2年生は、松本さんの授業内で予習していた所が役立ち授業内容を理解しやすかったのですが、1年生は「ぽか~ん」や「…ん?」となってしまう事が多かったと思います。

大丈夫だよ!僕らも最近まで知らなかった事だから。
σ(^◇^;)。。。




10/10【2年3番♂】
by joko_acting | 2008-10-10 22:22 | 二年生