人気ブログランキング |

カテゴリ:卒業生( 9 )

モスクワ滞在記

こんにちは。JOKO7期卒業の吉川ひみこです。

ロシア語の勉強のために1ヶ月間ロシアの首都モスクワに滞在していました。
ロシアと言えば有名な演技メソッドを創設したスタニスラフスキーや、多くの名作を残したチェーホフを輩出した演劇大国。街中にはたくさんの劇場があり、毎晩様々な芝居が幕を開けています。私も、滞在中、毎晩のように劇場に通い、面白くて刺激的な芝居をたくさん観ました。
今記事では私がロシアで観た芝居や劇場を紹介致したいと思います。


b0134715_17201931.jpg

ボリショイ劇場。ロシアで一番有名な劇場でしょうか。ここではバレエとオペラが上演されています。私はここでオペラ『フィガロの結婚』を観ました。現代風にアレンジされた演出で、有名絵画を大胆に使った舞台セットや衣装に驚かされました。

b0134715_15121337.jpg

マールイ劇場。ボリショイ劇場のすぐ隣にあります。有名古典劇のスタンダードな演出が観られます。公演の直前でも安い席が残っていることが多く、モスクワ滞在中一番通った劇場です。ここではチェーホフの『三人姉妹』やシェイクスピアの『リア王』、ロシアで人気の高いゴーゴリやオストロフスキーの作品を観ました。舞台セットや衣装が作品の時代設定に忠実に再現されているものが多く、見応えがあるものばかりでした。

b0134715_15261784.jpg

チェーホフ記念モスクワ芸術座。日本で言う"モスクワ芸術座"はここです(ゴーリキー記念モスクワ芸術座という別の劇場もあります)。人気のある劇場なので、公演直前になると高い席のチケットしか残っていませんでした。ここではチェーホフの『桜の園』と、ゴーゴリの短編『外套』を観劇しました。特に『外套』の芝居が素晴らしく、今でも頭の中にはっきりとアカーキ・アカーキエヴィチの声が残っています。天井から吊るされた3つの外套、舞台を仕切る黒い大きな引き戸、それらが物語が進むごとにダイナミックに動いて、ゴーゴリの世界観を豊かに表現していました。興味深かったのは効果音です。全て舞台袖で鳴らしていたのですが、転換の時や役者が大きく動く時に、歌舞伎のツケのような音が聞こえてきたのです。引き戸といい、そのツケの音といい、日本の伝統演劇を参考にしたのかもしれません。また亡霊を表す衣装として、ペストが流行していた時の中世ヨーロッパの医者が被っていたような鳥型のマスクを使用しているのも面白かったです。演技や演出だけでなく、舞台セットや音響・照明、衣装など全てが見所になるような芝居でした。


b0134715_15192263.jpg

マヤコフスキー劇場。ロシアで一番行って良かったと思えた劇場でした。ここではゴーゴリの『結婚』とドストエフスキーの短編を元にした芝居を観ました。ロシア語が未熟な私でもほとんどの台詞が理解出来るくらい分かりやすい演出になっていて、どちらの芝居も大変満足しました。

b0134715_16104309.jpg

タガンカ劇場。モスクワ中心部から少し外れたところにある劇場です。ここではブルガーコフの名作『巨匠とマルガリータ』を観ました。演劇への情熱を感じる3時間40分で、生命力に溢れた演出と演技に、最後は涙が出ました。

b0134715_17011541.jpg

ユーゴザーパド劇場。モスクワ郊外にあります。下北沢の小劇場のような雰囲気です。演出も現代的で、ゴーゴリの作品がノリノリの音楽に乗って上演されてました。

b0134715_17143525.jpg

レンコム劇場。他の劇場と雰囲気が違うのでドキドキしながらプーシキンの『ボリス・ゴドノーフ』を観劇しました。10台のモニターとカメラを使った斬新な演出で、脳みそを揺さぶられるような芝居でした。

b0134715_23035613.jpg

オペレッタ劇場。主にミュージカルが上演されています。ちょうど滞在中に『アンナ・カレーニナ』のミュージカルをやるというので、街中そのポスターでいっぱいでした。レベルの高いダンスと壮大な舞台セットで、誰でも観やすいミュージカルになっており、日本人留学生の間でも話題になっていました。

今回私が実際に芝居を観に行けた劇場はこの8つしかありませんが、モスクワには有名な劇場がまだまだたくさんあります。そしてどの劇場も外観が美しいので、劇場巡りをするだけでも楽しい気分になってきます。
また、歴史の古い劇場が多いので、そういう劇場のロビーにはちょっとしたミュージアムがあります。コートや荷物を預けるクロークや軽食が食べられる場所もあるので、早めに劇場に足を運んでみるのも楽しいです。チェーホフ記念モスクワ芸術座には舞台写真や俳優の肖像画だけでなく、衣装や小道具まで展示してあるので、特にオススメです。

印象的だったのは、ロシアの日常に演劇が溶け込んでいたこと。
劇場の客席は、若者のカップルからお年寄りの方まで、幅広い年齢層の人達で埋まっていました。客のほとんどは演劇が特別好きというわけでもなさそうで、たまたま劇場寄ってみたら面白そうな演目をやっていたからチケット買って来ましたとでも言うような、日本で言う映画館感覚で劇場を訪れている人が多いような気がしました。
また観劇の姿勢は、日本の歌舞伎に近いものを感じました。有名な俳優が出てくれば待ってましたとばかりに大きな拍手が起き、素晴らしい芝居をした俳優には劇中でも拍手とブラボーの声が贈られていました。

ロシアは芸術に優しい国。美術館も博物館も劇場も映画館も格安の料金で入れます。演劇人であれば誰でも興奮するような材料が街中に散らばっていて、1ヶ月の滞在ではとても見切れないほどでした。今回の留学の目的はロシア語の上達でしたが、演劇が当たり前にある国で、演劇の捉え方が変わるような体験がたくさん出来ました。演劇の聖地という言葉がぴったりの国でした。言葉が分からなくても、面白い芝居はちゃんと面白いと感じられるので、演劇好きな方はぜひ一度ロシアを訪れてみるといいと思います。きっと素敵な体験が出来ると思います。

ここまで長い記事をお読み頂きありがとうございございました。
終わりに、モスクワの美しい街並みを紹介させて下さい。

b0134715_05242594.jpg
赤の広場にある国立歴史博物館。当時の民衆の生活を知ることができる貴重な資料・白樺文書も見られます。

b0134715_05251586.jpg
グム百貨店。大きな百貨店で、世界的に展開しているブランド店が多く入ってます。

b0134715_05255515.jpg
バフルーシン記念演劇博物館。舞台画や衣装スケッチ、イメージ絵画など充実した演劇コレクションが鑑賞できます。

b0134715_05265156.jpg
晴れていれば適当にシャッターを切ってもきれいな街が撮れます。

b0134715_05273225.jpg
最後はチェーホフ記念モスクワ芸術座のある通りの入り口に置かれた、あの2人の銅像!


ありがとうございました!




by joko_acting | 2017-09-29 17:10 | 卒業生

宣伝「緑のオウム亭」

こんにちは!
joko1期卒業生の福井夏紀です。
来月あたま、下北沢で舞台に立ちますので、宣伝させて下さい。

とっても面白い戯曲ですので、是非いらして下さいね☆
よろしくお願いしますm(__)m

↓↓

雷ストレンジャーズ公演⚡
「緑のオウム亭」
b0134715_22504371.jpg

b0134715_22504408.jpg


作/アルトゥル・シュニッツラー
上演台本、演出/小山ゆうな

■ものがたり■
ーー虚構と現実。演じているのとそうでないの。
あなたにはその見分けがつきますか?ーー

フランス革命前夜のパリ。
その居酒屋には次々と犯罪者たちが訪れる。
実は彼らは皆役者。観客はパリの貴族たち。
役者たちが話すのは当然ながら作り事。
だがやがて、革命が始まり、現実は虚構に、虚構は現実に……


■日時■
3月
1日(水) 19時☆(プレビュー公演)
2日(木) 19時
3日(金) 15時
4日(土) 14時/18時
5日(日) 15時

■場所■
下北沢B1(北沢タウンホール地下1F)
※下北沢南口より、徒歩6分

■チケット代■
・貴族席➡4800円
※限定一日3席(指定席)。舞台中の座り心地のいい椅子、パンフレット付き。

・一般➡4300円
・学生➡2800円
・高校生以下➡1500円
・☆プレビュー公演➡4000円

※貴族席は4日以外は売り切れです。
申し訳ありません。。(〃_ _)σ∥

■お申し込み■
下記URLにログインしていただきお申し込み下さい。

URL:http://ticket.corich.jp/stage/admin/login.php?id=78572

UserID:fuku-natsu-natsu819@docomo.ne.jp

Password:fukui

長文お読みいただき、有難うございましたm(__)m
暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続くようです❄
お風邪などひかれませんよう、気を付けてお過ごし下さい(^-^)/
by joko_acting | 2017-02-03 22:32 | 卒業生

宣伝「全段通し 仮名手本忠臣蔵」

初めまして !

JOKO1期(B)卒業生の永井将貴です。
早いもので僕がJOKO演劇学校の門を叩いてから10年の歳月が流れました。
あの濃密な2年間は確実に僕の俳優人生の基盤となって今も支えてくれています。

今現在、現役のJOKO生にも是非奮闘してほしいと願うとともに、僕の2月出演舞台の宣伝をさせて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
遊戯空間・シアターΧ 提携公演
『全段通し 仮名手本忠臣蔵』
b0134715_22341044.jpg


b0134715_22341175.jpg


演出 篠本賢一
出演 佐々木梅治 山谷勝巳 堀光太郎
渡辺聡 永野和宏 望野哲也
永井将貴 草野峻平 中井亮
池上礼朗 鈴木拓也 篠本賢一
観世葉子 神保麻奈 渕野陽子
秦由香里 中込里菜 青木恵
福永奈津美
※チラシの出演者とは一部変更があります

日程
2月16日(木) 18時開演
2月17日(金) 18時開演
2月18日(土) 13時開演
2月19日(日) 13時開演
(※各回開場は開演の30分前)

会場 両国 シアターΧカイ
(※チラシ左下の地図参照)

料金 (日時指定・自由席)
4,500円(一般)・2,500円(学生)

◎ご予約
(永井用チケット予約フォーム↓)
http://ticket.corich.jp/apply/79511/009/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

赤穂浪士の史実を元に書かれた『仮名手本忠臣蔵』を、歌舞伎や文楽とも違う新たな型式で演じます。
シェイクスピアのようにスケールの大きい今作ですが、ありがたい事に作中の要になる重要な役を頂きましたので、多くの方にご覧頂ければ幸いです。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。


永井将貴
Twitter @naga6166
by joko_acting | 2017-01-11 22:32 | 卒業生

宣伝 「ミュージカル「A Midsummer Night’s Dream」夏の夜の夢」

第7期 樋山雄作が出演します。

b0134715_18403832.jpg



b0134715_18375366.jpg


b0134715_18375396.jpg

詳しくはこちら







by joko_acting | 2016-05-21 18:33 | 卒業生

「ビロクシーブルース」第2期 横沢勲生 第3期 冨永隆徳 出演

第2期卒業生 横沢勲生
第3期卒業生 冨永隆徳
が出演しました。


第二次大戦末期。
南の果て、ミシシッピー州ビロクシーの低湿地帯に集められた若者たちが織りなす、青春群像。
この作品はニールサイモンの自伝的作品3部作の第二弾、徴兵された陸軍基地での物語です。

私はジェームズ・ヘネシーという複雑な生い立ちを持った青年を演じました。
身体づくりの筋トレに芝居の稽古と、精神的にも体力的にも厳しい日々でしたが、楽しんで挑めました。
本番も好評を頂き、非常に充実した公演になりました。
b0134715_16402951.jpg

b0134715_16403069.jpg



by joko_acting | 2016-05-21 16:31 | 卒業生

宣伝「グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語」

第6期の白倉裕人が出演します。

「グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語」
作 ジョン・バートン
訳 吉田美枝
演出 上村聡史(文学座)


今年の4月より拠点を変えてからの初めての劇団昴 ザ・サードステージは10本のギリシャ劇を一部、二部、三部にまとめた大作です。
古代ギリシャに生きた英雄達や人々の怒り、悲しみ、そしてそれぞれの思惑や希望をぜひ観て頂ければと思います。
私も稀代の知将オデュッセウスとして知略の限り戦いたいと思います。

白倉裕人

詳細URL





by joko_acting | 2016-05-21 13:55 | 卒業生

卒業生紹介 第7期 「望月真理子」

b0134715_16402487.jpg

第7期卒業生の望月真理子です。
JOKOを卒業後、劇団昴に入団しました。
入団2年目のこの春、本公演「ヴェニスの商人」でポーシャ役を頂き、追加公演含め1ヶ月近い公演を経験しました。

「いい役者」とは、何でしょうか。
自分はどんな役者になりたいのか。
公演を終えて、自分の内で育っていく"信念"を私は強く感じました。
これからも迷い苦しみ、その度に力強くなって舞台に立っていきたいです。



b0134715_16380772.jpg


撮影 岡崎敏明

by joko_acting | 2016-05-20 16:36 | 卒業生

宣伝 『新・新・赤と白』

第7期卒業生の吉牟田大幹が出演します。


2016年6月!
吉牟田大幹はかもねぎショットさんの作品に
出演します!!!
歌って踊って笑わせる、
日々汗だくの稽古を楽しんでおります!!!

『新・新・赤と白』
6月3日19時半
6月4日15時
6月4日18時半
6月5日13時
6月5日16時半

チケット代金
3,500円
全席自由席です!


是非是非!!!
ご覧いただければと思います!

吉牟田大幹
b0134715_08280845.jpg


b0134715_08280828.jpg




by joko_acting | 2016-05-20 08:23 | 卒業生

宣伝『銀河鉄道の恋人たち』

b0134715_18540241.jpg

JOKO演劇学校7期の小澤流音が出演します。

在校生より、
小澤流音さんが舞台の宣伝に来てくれました。
高校を卒業しすぐにJOKOに入ったという、まだ21歳のイケメンさんです!

JOKO卒業後『劇団朋友』という劇団に入り、昨年度は研修生、今年は準劇団員に上がり、初舞台だそうです。そして、なんと、主役!(拍手)

私達もあとに続きたいです!!

『銀河鉄道の恋人たち』は7月13日(水)~18日(月)まで、『中野 ザ・ポケット』にて。興味のある方はぜひご覧下さい!
詳細はこちら





by joko_acting | 2016-05-16 18:50 | 卒業生