ホタルニワイドカルイ【1年2番♂】

帰宅中、題名のような言葉をずっと繰り返している人がいました。
アクセントらしきものが全くなかったので、意味不明でした。

いやいや、この言葉には何かしらの意味がある筈だ。
僕に対する何かしらのメッセージなのか。
はたまた、日常生活においてやり切れない気持ちが、無意識に言葉に変換されて発せられているのかもしれない。
僕もそんな能力がほしいなと思ったところで、暗号を解明していこうと思います。


『ホタルニワイドカルイ』

まず、漢字を織り交ぜて変換してみる。

「蛍にワイド軽い」

蛍が軽いのは分かりますよ。
だけど、ワイドって何やねん。
光の存在?
憧れの人への儚い想いが、次第に美化されていく感覚?

次っ!

「蛍、庭井戸軽い」
何かやたら古風。
ちょっと夏っぽくなりましたね。

過ぎ去りつつある夏にお別れをしつつ…
次っ!

「庭にある、軽量級の井戸から、ワイドな光を放つ蛍が出てきた」

少しアレンジ。

はい。
もう収集がつかなくなりそうなんで終わります。

何が言いたいかと言うと、「言葉に対する先入観を払拭すること」も大事なんじゃないかと言いたかったのです。

じゃあ、変な妄想してないで、思ったことだけ書けって?

すいません。
僕は「タマハフレキシブルデアタマガワルイノデソリャムズカシイ」です。




9/11【1年2番♂】
[PR]
by joko_acting | 2008-09-12 08:50 | 一年生
<< 芝居と恋愛【2年11番♀】 表現者として【2年4番♂】 >>