終わりは始まり【1年6番♀】

サンクトペテルブルグ演劇大学講師のワークショップも残り二日。
一年生は今日、最後の『ヴォイス』の授業を受けました。

呼吸、声、言葉。
相手に集中すること。

講師のリューボフさんは多種多様な種を蒔いてくださいました。

私たちはどれだけの種に気付いているのだろう。どれだけの種を育てることが出来るのだろう。
もしかしたら、腐らせてしまう種があるかもしれない。いや、いつか気付かなかった種が突然芽吹くこともあるかもしれない。

蒔かれた種がどんな花を咲かせるか、皆がどんな風に種を育てていくか。
楽しみがまた一つ増えました。



7/16【1年6番♀】
[PR]
by joko_acting | 2008-07-16 22:29 | 一年生
<< 体を使う!【2年13番♀】 日常×非日常=∞の財産【2年6番♂】 >>