人気ブログランキング |

合宿2019③

1年1番

三日目は、生徒で朝ごはんを作り、お昼ご飯は、お家を貸してくださった方にご馳走して頂きました。

2日目のことで、またもや書き損じてしまった出来事が1つありました。

1,2年生合同のレクリエーションです。ダブルスのバトミントン大会をトーナメント形式で行いました。
講師の方も2人ほど参加して下さり、非常に盛り上がりました。

b0134715_14325044.jpg


勝ちにこだわらず、みんな非常に楽しんでいたと思います。
単純に楽しかった。これは、合宿の中で学生らしい思い出の1つとなりました。
「特別さ」だけが大きな思い出になるとは限らない。いつも通り楽しむことが大きな思い出となる、ということですね。これは普段からの「日常生活」がかけがえのない経験ということなのでしょう。

3日目の話になります。
朝ごはんは、合宿3日間の料理の集大成だったように思えます。
今までのご飯やおかずの余ったものを工夫して、新しい材料と組み合わせました。美味しく料理を作ることが出来たのです。
それからは掃除でした。施設と宿泊場所の清掃でした。清掃が終わり、その後昼食は、ご馳走して頂きました。
新潟県のその場所は水が美味しい地域で、そばが美味しいという話だったので、僕は、笊蕎麦を頂きました。
非常に美味しかったです。

これで合宿は終わりです。
総じて、「想像していた斜め上を行く合宿」だったと感じました。
様々な話を様々な人とし、様々な経験をし、様々な感情を抱き、感じました。
たったの3日間で。
こんなに充実したのは、久々だったか、もしかしたら初めてかもしれないと思います。
恩師の言葉を引用しますと、「記録ではなく記憶に残る」合宿だったんだと強く思います。この場合の「記憶」には幾つもの大切な「意味」が内包されていますが。

行けてよかった。素直にそう思える合宿でした。

by joko_acting | 2019-10-08 14:32
<< あっという間の10月 合宿2019② >>