人気ブログランキング |

『落語を脚色した歌舞伎』

こんにちは、最近日本の文化に触れる機会が多くなった2年6番です。
昨日は前進座の舞台『裏長屋騒動記』を観てきました。落語の「らくだ」と「井戸の茶碗」を歌舞伎に脚色した作品になっています。2つの作品が上手く繋がっており、この2つの作品を繋いでいるキーパーソン、屑屋の久六が良い仕事をしているんですよ〜‼️
武士のプライドに板挟みにされ、思いなやむ屑屋の良心が笑いを引き立たせています。この舞台で私は、お金に誠実で正直なことがどれほど大切か学びました。
心から思いっきり笑える喜劇で元気になること間違いなしの作品でした(*´ω`*)

休憩のときに、1年の子とお話しをしていたのですが、どうやら1年はアメヤ横丁に遠足で行ってきたみたいですよ‼️
何をしてきたのかは…きっと2日後にこのブログで教えてくれるでしょう…フフフ。

by joko_acting | 2017-05-22 12:16
<< 「美しい日本語」 日曜日 >>