人気ブログランキング |

形【2年3番♂】

芝居は主に内面から入るやり方と外面から入るやり方があると言われています。


僕は内面から入る方だと思います。

しかし今まで一緒に芝居をやってきた人の中で外面から入っていく人を
見たことがありません。


芝居は心だと言うくらいですから先ずは中身を濃くしたくなるものなのかもしれません。


さらに僕の場合は演出家から動きをつけられたらそれは役者の心が動いておらず
仕方がなく動きだけつけておくというように言われてきたので、
ひどく動きを決められるのを嫌いました。


でもJOKOに入ってムーヴメントというものを学ぶようになりその意識も
変わりつつあると実感しています。

というのも経験もない今の段階で心で芝居をするなんて無理なのかもしれません。
無理だと言いたくもありませんができないものをできないと認める潔さも大切だなと。


なら内面からではなく外面から、こう動いて台詞を言ってみよう、
そうしたらある時、内面ともつながり結果的に心が動いたということも
あると思ってます。


つまり内面、外面、両方からのアプローチが必要なのですね。


今までの僕には体の意識が欠けていたと思うのでこれからは
動き、形からも入ってみようと思います!



11月21日【2年3番♂】
by joko_acting | 2012-11-21 00:32 | 二年生
<< 「マクベス~通し稽古~」【2年... 消えろ、消えろ、つかの間の燈し... >>